猫の多胸中飼い始めて7時代、別途感ずることがあるんですが猫に触れ込みが通じていることがあると思うのです。ほぼおんなじパーソンと過ごす中で仕草や声の感じで習得したお蔭なのかもしれませんが。こちらが感じた瞬間を挙げてみると、イタズラをした際にその時でないと叱っても効果がないと言われていますが、「どなたなのこんなことしたの〜」っていうと首謀猫と共犯猫がそーっとフェイドアウトしていきます。また、一緒に寝ていてふとここにいてねってお願いしたら待っていたり、(おなかの上に)お出で〜って言うと乗ってきたり、猫も猫でパーソン並みに話しかけて来る。起きて〜起きて〜、ごはーん、ディナー足らないよ。スペックを足したから片付けて!くさーい!!やつとは気が合わないイライラする。うら寂しい・・・等。およそ、客観的にみると持主が猫に呼び掛けまくっていらっしゃるというカオスな状況に猫が返してくれているだけなんですけど(笑)でも、人のエゴのような行き過ぎた溺愛はしていません。猫にも猫の暮しがあってその鳥獣らしく生きられることが大事です。パーソンとの生活に折合いを付けながら共存という起用をしてくれた猫に時に追加雑貨を引き取りながらこれからも仲良く生活していかれたらよろしいなって思ってます。肥後すっぽんもろみ酢